コストコのフードコートと言えば、安くてボリューム満点の食事ができる場所として人気だと思いますが、最近、そのメニューに大きな変更があり、アメリカで大きな話題になっています。

一体どんな変化があったのか、まずは、新しく加わった新メニューからご紹介していきます。

コストコ アメリカ 建物

アメリカのコストコのフードコートのメニューについては、どうぞこちらの記事をご参照下さい。

スポンサードリンク

コストコの新メニュー1:アサイーボウル

最近、新しくコストコのフードコートのメニューに加わったのが、アサイーボウルです。

健康食として注目の果物アサイーをメインにした、カロリー低めで安心して食べられるメニューです。

アサイーボウルのカロリー・値段・栄養成分表

コストコUSAの新メニュー,  アサイーボウル

  • アサイーボウル 値段: US$4.99
  • 満足度: ★★★★☆

    ***栄養成分表***

  • カロリー: 330 cal
  • 総炭水化物:50g
  • 総脂質:10g
  • 砂糖: 30g
  • たんぱく質: 10g
  • 食物繊維: 9g


アサイーとはどんな果物?

アサイーボウルを紹介する前に、アサイーがどんな果物なのかを簡単にご紹介します。

アサイーは、ブラジルのアマゾン原産のヤシ科の植物で、ワイン色の実には、抗酸化物質の一つポリフェノールが豊富に含まれていて、鉄分、食物繊維、ビタミンE や ビタミンB など、体にいい成分がたくさん含まれているそうです。

味は少し渋みのあるブルーベリーのようで、いかにも健康に良さそうという感じがします。

コストコ新メニュー「アサイボウル」のお味は?

「アサイーボウル」はホットドッグセットの3倍の値段

健康にいい成分がたっぷり含まれた、アサイーボウルなんですが、

ホットドッグとソフトドリンクのセットが $1.50 なのを考えると、その3倍以上の値段なんです。

コストコのフードコートのメニューの中では、アメリカ限定の「ビーフブリスケットバーベキューサンドイッチ」(下記)と同じく約5ドルのお値段で、コストコにしては、かなり割高な感じです。

コストコ, ビーフブリスケットサンドイッチ

「アサイーボウル」の味は?

約15cm程度の手のひらサイズ位の透明のボウルの中には、たっぷりのストロベリーとブルーベリーに加え、グラノラ、バナナチップと、アサイーのジェラート(または、フローズンヨーグルト???)が入っていました。

コストコ、アサイーボウル

かなり食べごたえのあるサイズなのに、たった 330カロリーだけなんです。

食べても食べてもストロベリーとブルーベリーが、中からゴロゴロ出てくるほど入っています。

とってもあっさりとしたさっぱり味なので、暑い夏向きのデザートにぴったりという気がします。特にこの味は、あっさり味の好きな日本人向けかもしれないと思いました。

ただ、アサイのジェラートは、ちょっと渋めのブルーベリー風の味がして、とってもあっさり爽やかですが、もしかすると味は好き嫌いがあるかもしれません。

でも、健康にいいアサイーボウルが、たったの330カロリーで楽しめて、結構お腹いっぱいになったので、そういう点ではとても満足でした。

個人的には、少しナチュラルヨーグルトも入っていたら、アサイーや果物とも、よくマッチして、もっと美味しくなりそうだな、という気がしました。

スポンサードリンク

コストコの新メニュー2:アル・パストールサラダ

アルパストールサラダ
アメリカコストコの新作ベジタリアン・アルパストールサラダ


コストコの新メニュー アル・パストールサラダは、まだどこの店にもおいている商品ではないので、ようやく今回食べる事ができました!

アル・パストールサラダ (Al Pastor Salad) は、ロメインレタスの上に、バンミー(大根と人参の酢漬けのサラダ)と、ブラックビーンとブラックオリーブと、大豆でできた一見お肉のようなトッピングのベジタリアンサラダです。

「アル・パストールサラダ」のカロリー・値段・栄養成分表

アメリカコストコの新作 アルパストールサラダ

  • アル・パストールサラダ 値段: US$4.99
  • 満足度: ★★★★★

    ***栄養成分表***

  • カロリー: 330-750 cal
  • 総炭水化物:59g
  • 総脂質:56g
  • コレステロール:30mg
  • 塩分:3270mg
  • 砂糖: 30g
  • たんぱく質: 32g
  • 食物繊維: 8g


塩分が 3270mg というので、すごい塩分量か?と思ったのですが、1mg は 0.001g にすぎないので、約3.3gの塩分が含まれているだけでした。

小さじ1で約5gになる事を考えると、一食で小さじ1弱の塩分にすぎないので、それほど多い量ではないですよね。

コストコ新メニュー「アル・パストールサラダ」のお味は?

「アル・パストール」ってどういう意味?

「アル・パストールサラダ」の “アル・パストール”って、単純に日本語にすると、「アルという名前の牧師」という意味なので、もしかすると、アルという名前の牧師さんが発明したサラダなのかな?と思っていましたが….

実は、アル・パストールとは、メキシコで人気のある、豚肉にスパイスをつけて焼いた肉の事でした。 メキシコでは、それをタコスに入れて食べたりするようです。

このコストコのサラダのトッピングに使われているのは、豚肉ではなくて、大豆を肉のように加工しスパイスをつけたもののようです。

「アル・パストールサラダ」のお味は?

さて、肝心のサラダの味ですが、この大豆肉「アル・パストール」が、本物の豚肉ではないけど、かなりスパイシーでとてもおいしいです。

コストコの新作・アルパストールサラダ

ドレッシングは、見た所、普通のサウザンアイランドドレッシングかな?と思いましたが、実はそれよりもずっとおいしい味でした。

ロメインレタスと、酢漬けのバンミーの野菜と、このドレッシングが抜群に相性が良く、食べ始めたらやめられないおいしさでした。

でも、量が多いので、一つを二人で分ける位がちょうどいいような気がします。

注意点としては、私は、激辛派なので、スパイシーな大豆肉がとても気に入りましたが、人によってはちょっと辛すぎると感じる方もいるかもしれませんね。

まだ試作段階かもしれない、このアル・パストールサラダ。コストコで見かけたら、是非食べてみて下さいね! とてもおすすめです。

では、次のページでは、突然コストコのフードコートのメニューから消えてしまったメニューをご紹介していきますが、そのインパクトがあまりにも大きくて、アメリカでは大騒ぎになっている!そうなんです。一体何が起こったのでしょうか?

スポンサードリンク