映画「オーシャンズ8」は、オーシャンズシリーズの最新作で、有名女優が勢揃いするその超豪華キャストでも話題です。日本での上映は2018年8月10日。

現在アメリカでも公開中で、すでに興行収入1億ドルを突破する大ヒットになっているので、私も早速見てきましたが、予想どおりとっても楽しめましたよ。

映画「オーシャンズ8」の簡単なあらすじ、キャスト、感想と、面白さの秘密の見どころ3点を、少しネタバレ有りでご紹介していきます。

スポンサードリンク

映画「オーシャンズ8」のキャスト



映画「オーシャンズ8」
【監督】 ゲイリー・ロス
【出演】 サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム・カーター、ミンディ・カーリング、リアーナ、サラ・ポールソン、ETC

2018年作品 オーシャンズ8 原題:Oceans8
★IMDbスコア:6.3

映画「オーシャンズ8」のあらすじ

今は亡きダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)の妹のデビー(サンドラ・ブロック)は、5年の服役を終え刑務所を出所。 刑務所から出る前には、もう悪事からは手を引くと言った彼女だったが、すぐに友達のルー(ケイト・ブランシェット)を巻き込み、カルティエのネックレスを盗む計画を立てる。

計画遂行のため、彼女たちは必要なメンバーを5名集める事にした。

映画「オーシャンズ8」の感想

オーシャンズシリーズは、過去に「オーシャンズ11」「オーシャンズ12」「オーシャンズ13」が公開され、どの作品も面白くて、とても人気がありました。


11, 12 & 13

今回は、女性がメインキャストの「オーシャンズ8」が製作されたんです。

何故、この時期に女性のメインキャスト版ができたのか考えてみたのですが…

やはりハーベイ・ワインスタインに端を発した「セクハラ騒ぎ」から、ハリウッドの女優の方が男優より出演料が安いのは間違っている!とか、色々問題が出てきたのも影響して、じゃあ女性キャストで映画を作ろうっていう話になったんじゃないか…と想像しています。

オーシャンズシリーズは、何も難しい事は考えないで素直に楽しめる作品が多いですが、今回の映画「オーシャンズ8」も、美しい超豪華キャストの鮮やかな盗みを見ているだけで楽しめる、そんな作品です。

映画「オーシャンズ8」の面白さのポイント3点

今作品ではどういう点に注目すべきなのか、その【3つのポイント】をご紹介していきます。

① 有名女優勢揃いの超豪華キャスト

オーシャンズシリーズでもそうなんですけど、普通の映画だったら主演で活躍するような、すごい豪華なキャストが勢揃いしているのが、映画ファンにとっては嬉しいですよね。

では、主要な女優を順番にご紹介していきます。

サンドラ・ブロック

サンドラ・ブロックの役は、過去のオーシャンズシリーズの中心人物だった、ダニー役のジョージ・クルーニーの妹です。 ダニーはすでに亡くなっているとの事でした。

彼女が、刑務所から出たばかりで一文無しなのにもかかわらず、高級デパートで盗みをするシーンがとっても印象的だったのですが、その手口の鮮やかさは、さすが、盗みのプロ!という感じでした。

サンドラ・ブロックって、背も高くてスリムでとってもかっこいいし性格も良さそうな素敵な女優さんなのですが、以前と比べると、更年期にも入ったのか、女性ホルモンが減ってきてかなり男性的になってきたのかな…なんて、ちょっと感じました。

この映画の中では、相棒のケイト・ブランシェットとの相性もピッタリで、この映画を通じてきっと実生活でも仲良くなったんだろうな。。。といういい雰囲気が醸し出されていました。

ケイト・ブランシェット

ケイト・ブランシェットは、今回サンドラ・ブロックの右腕でグループのリーダー格。サンドラ・ブロックと一緒にメンバーを集めていく役割です。

オーストラリア出身のケイト・ブランシェット、今やハリウッドを代表する大スターになりましたね!

今回のケイト・ブランシェットは、前髪をおろしたヘアースタイルです。いつも横分けにしているけど、前髪があるスタイルがすごく似合っていて、とっても素敵でした。

その演技力はもちろん、年を重ねるごとに存在感と美しさを増しているという点を考えても、この映画の出演者の中で一番魅力的だったように思います。

最近、オーランド・ブルームが、ロード・オブ・ザ・リングの撮影中、ケイト・ブランシェットに憧れていた、というコメントを出していたけど、それって、すごくわかるような気がします!

アン・ハサウエイ

アン・ハサウェイは、この映画の中でも人気セレブの役で、今回の窃盗に利用されるのです。

でも、後でどんでん返しがあるので、楽しみにしていて下さいね。

出産した後も、とってもかわいくて、人気セレブというのがピッタリです。 子供ができてからの方が魅力がましたような感じさえします。

彼女へのアンチファンが多いというその理由も、たぶんあの可愛さへの妬みなのかな…なんて思ったりしました。

ヘレナ・ボナム=カーター

ヘレナ・ボナム・カーターの役は、ちょっと売れなくなってきているデザイナーで、今回の窃盗団の一人になります。

ヘレナ・ボナム・カーターはイギリス人で、実生活では父親は銀行頭取で、曽祖父はイギリスの首相だったという名門出身だけあって、ちょっとユーモラスで個性的だけど、とても品がある役柄が似合う女優さんだなと思います。

今回のような役は、地でそのままできそうな感じですね。

リアーナ

リアーナは天才的なハッカー役。 今回の窃盗には彼女の役割がキーになってます。

ボーイッシュな姿をしていたリアーナが、赤いドレスで出てきたら(上のツイッターの画像のドレス)、すごいオーラーがあって、ボーイッシュだった姿とのギャップもあって、ため息が出る位きれいでした。

ネットでは、リアーナが、ヘレナ・ボナム・カーターの洋服にダメ出しした事が話題になっています。

ま、歌手としてもすごい人気で、自信満々なリアーナを見ていたら、それくらい言ってもいいかもしれないな、ってちょっと思いました。

スポンサードリンク

②舞台はメトロポリタン美術館の「メットガラ」

今回の盗みの舞台は、ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催される、ファッションの祭典 「メットガラ」

「メットガラ」とは、この映画に登場するだけではなくて、実際に毎年メトロポリタン美術館で開催されるファッションの一大イベントなんです。

有名セレブがその年のメットガラのテーマに合わせて、めちゃくちゃ奇抜なファッションで登場する事でも有名なんですよ。

ちなみに、2018年のメットガラは5月に開催され、そのテーマは「カトリック」でした。

映画「オーシャンズ8」に出演していたリアーナは、上記のツイッターにある通り、カトリックのテーマに合わせて、キラキラのローマ法王の衣装で登場。羽をつけた天使スタイルのケイティ・ペリーと一緒に、思い切り決めていますね。

ところで、今回、この映画でメトロポリタン美術館を使用した代金として、なんと1ミリオン(1.2億円)が支払われたとの事です。すごい金額ですね!

③カメオ出演のキャストに注目!

「メットガラ」が舞台だけあって、カメオ出演で多くのスターを登場させやすいのですが、私が映画を見ながら見つけただけでも、

  • ケイティ・ホームズ
  • ダコタ・ファニング
  • キム・カーダシアン・ウエスト
  • セリーナ・ウィリアムズ
  • ハイジ・クラム

などが、姿を見せていました!

他にも、女優のオリヴィア・マン、モデルのアドリアナ・リマ、テニスのマリア・シャラポワ、ワン・ダイレクションのゼイン・マリクなど、人気アスリートやモデルをあわせて、全部で47名がカメオ出演していたそうです。

映画の中でぜひご自分の目で探してみて下さいね。

映画「オーシャンズ8」のまとめ・評価

いろいろ情報あいうえお 【映画の評価基準】について

出演している有名女優や、ファッションの祭典「メットガラ」の艶やかさ、カメオで登場している女優を探すのが楽しい映画でした。

ただストーリー的には、これまでのオーシャンズシリーズに比べると「女性だけ」にこだわりすぎたせいなのか、内容は薄めという感じでした。

出演していたマット・デイモンのシーンは全て削除されて、映画には全く出てこなかったのは、ちょっと残念でしたね。

そういう点から、私の評価はBです。

スポンサードリンク