スポンサードリンク

メーガン・マークルの複雑な家族構成

メーガン・マークルの父・トムについて

メーガン・マークルの父親のトムは、メーガンの母親・ドリアと結婚する前に、別の女性と結婚していた事があり、子供も2人いました。

メーガンにとっては腹違いの兄姉にあたる、兄トム(父親と同じ名前なのでややこしいですが…)と、姉のサマンサです。

メーガンが生まれた頃、この腹違いの兄や姉も一緒に暮らしていたそうです。

アメリカでは、離婚すると、子供はたいてい母親側へ引き取られる事が多いので、もしかしたら、このトムの妻側には何か問題があった可能性がありますね。

その後、トムは2度目の妻で、メーガンの母親であるドリアとも離婚。

メーガンの腹違いの兄姉は、父親のトムに引き取られる事になりました。

メーガンの父トムは破産し、現在は行方不明

メーガン・マークルの父トムは、先にもお伝えした通り、ハリウッドで照明係として高く評価され高額な収入を稼いでいたし、また、75万ドル(7500万円位)の宝くじにも当たったし、余裕のある生活をしていたはずなのに、2016年に破産宣告をします。

破産
画像:pixabay

原因はビジネスパートナーの投資の失敗によるとか。

とどのつまりは、計画性のないお金の使いすぎだったんだと思います。

アメリカ人って貯金が苦手なので、お金がたくさんあると思って安心して、先の事を何も考えずに湯水のように使い果たしてしまったんでしょうね。

宝くじに当選した人で、その後破産をした人って結構多いみたいですね。

最初に、半分位は貯金して、それには一切手をつけないようにしておけば良かったのにな〜とか思うんですけど、それって日本的な感覚なのかな…。

現在73歳のメーガンの父トムは、倒産後、メキシコへ移り住み電話番号も住所も家族には知らせないで、姿を隠しているようです。

メキシコ メキシコ国旗
画像:pixabay

実は、アメリカで倒産宣告をした人で、メキシコに隠れる人がかなりたくさんいるそうです。

働き者で自分を愛し、高額な学費も全て工面してくれた父親のトムの事、メーガンは心配していると思うのですが、2018年5月の結婚式の時には姿を現すのでしょうか?

スポンサードリンク

腹違いの兄・トムが警察に逮捕

メーガンの腹違いの兄のトム(51歳)は、現在オレゴン在住で、窓にガラスを入れたり、フレームをつけたりする「ウインドウ・フィッター」の仕事をしています。

幼い頃からメーガンとはとても仲が良かった兄のトムですが、元々アルコール依存症気味で、アルコールを飲んでいる時に、交際中の女性に銃を向けた事で、2017年2月に逮捕されてしまいました。

逮捕 手錠
画像:pixabay

今はもう普通に生活しているトムは、その時に銃を受けた相手の女性とも交際を続け、現在2人は婚約中なのだそうです。

兄のトムは、自分たちの結婚式にヘンリー王子と妹のメーガンが来てくれることをとても楽しみにしている、と無邪気に語っていました。

腹違いの姉・サマンサは家族を貶める自伝を出版予定

メーガン・マークルの腹違いの姉のサマンサは、2008年、難病指定されている「多発性硬化症(MS)」を発病し、現在では車椅子の生活を続けています。

車椅子
画像:pixabay

医療費が信じられない程高額なアメリカだと、こんな難病にかかると費用の工面だけでも本当に大変だろうと想像できます。

サマンサは、かつてはメーガンとも仲が良かったのに、彼女が難病になってからは、ほとんど合えなくなってしまった事を嘆き、メーガンや自分の家族の全てを暴露する自伝を出版し、メーガンの成功を滅茶苦茶にする!というような事を言っているそうです。

サマンサは、早くから家族から離れていたらしいのですが、メーガンは小さい頃から父親に可愛がられ、高額な学費も全部出してもらっていた事もあるし、今や自分が難病になって真っ暗な時に、メーガンばっかりが幸せになっていく事に、妬ましさを感じているのかもしれません。

その気持ちも、人間として何となくわかるような気もするけど、でもそれでゴシップネタをばらまいて、仮にお金が儲かったとしても、自分が余計につまらなくてどうしようもないような気持ちになりそうな気がするんですけど、どうなんでしょうか?

メーガン・マークルの生い立ちと家族のまとめ

メーガン・マークルの家族の話しは、まるでテレビのドラマに出てくるような波乱万丈さで、マスコミが喜びそうな内容に満ちあふれていますよね。

元夫が進めている自分たちをモデルにしたテレビドラマの製作とか、今破産して隠れている父親のトムの事や、姉サマンサの出版する家族を陥れるための自伝の発表とか、しばらくはメーガン・マークルから目が離せないような感じです!

スポンサードリンク