スポンサードリンク

ケールはビタミンの含有量が高く、とても栄養のある野菜で、「青汁」の原料としてとても有名です。

ケールはアメリカではとてもポピュラーでで、スーパーで安く手に入れる事ができるのですが、日本ではまだあまり一般的ではないかもしれないですね。

でも、おいしくてとても健康にいい野菜なので、きっとどんどん人気が出てくるのではないか!と思っています。青汁だけに独占させておくのは、ちょっともったいないと思います!

今回は、ケールについての簡単な説明と、おいしくて簡単なケールを使ったスムージーの作り方をご紹介します。

ケールとはどんな野菜?

ケールの原産地は、温暖な南欧の地中海沿岸で、四季を問わずに栽培が可能なのですが、実は旬は冬なのだそうです。

ケールは、

  • キャベツ
  • ブロッコリー
  • カリフラワー

等と同じグループに属する野菜です。

ケールには、

  • カーリーケール
  • ラシナト(ダイナソー)ケール
  • レッドケール

などの種類がありますが、1番一般的なのは(アメリカでは)カーリーケールのようです。

カーリーケール

スポンサードリンク

ケールの驚くべき栄養価

ケールには、豊富なビタミンが含まれています。

特に、

  • ビタミンA
  • ビタミンK
  • ビタミンC

の含有量は、他の野菜と比較してもダントツです。

  • 白内障や緑内障に効果があると言われているルテインの含有量もとっても多いんですよ。


  • 癌を予防する、カロテノイドなどの抗酸化物質がたくさん含まれています。


  • 女性に必要な鉄分が豊富に含まれていて、なんと牛肉よりも多いのだとか!


  • 食物繊維もたっぷり入っていて、普通の葉っぱ1枚で約5g程含まれているそうです!


こう見ていくと、何故ケールが「スーパーフード」と呼ばれるのか、その理由が良くわかりますよね!

ケールの味は?

ケールには少し苦味があるという意見もありますが、私はそうは思いません!

ケール程、癖のない味の野菜はないかもしれません。

だから、果物との味の相性が抜群で、どの果物とでもよくマッチします。

果物だけのスムージーよりも、ケールを入れてブレンドした方が味に深みが出て、とても爽やかで飲みやすいものが出来上がります! ケールの味は全く気になりませんよ。

では、次にケールスムージーの作り方をご紹介しますね。

スポンサードリンク